>

借りるためにやるべきこと

銀行づきあいの基本

銀行が苦手な経営者は、積極的に銀行と連絡を取らない傾向にあるようです。
せかされてしかたなく決算書を渡すなど、後手後手になっているのではないでしょうか。

もちろん、自ら積極的に情報提供することで墓穴を掘って貸してもらえなくなるのではないかとか、説明のしかたがわからないとか、色々意見はあるかと思います。
しかし、情報提供を渋るのは間違いです。返って関係性を悪化させたり、不信感を持たれたりと良いことはありません。
むしろ統計学の観点からも、銀行融資は、提供する情報の量に比例する傾向があるようです。
決算書の提出の際も、必ず、概況を説明する必要があります
そのほかにも、最新の業績や経営計画を提示して将来性を理解してもらったり、技術力、販売力、市場動向などの様々な情報を提供することで経営力安定していることを理解してもらうことが大切です。

こうした情報提供を増やせば、銀行員も必ず味方になってくれるはずです。

借りるためのコツ教えます

最後に借りるコツですが、最後は返済プランをいかに示せるかです。
融資を受ける際は、資金の使途と返済財源を論理的に根拠を元に示す必要があります。

しかし、実際はこの資金使途と返済財源の説明が実に難しいと思っている経営者が多いようです。

コツは、お金の流れを物語のようにわかりやすくストーリー立てて説明することです。
借りたお金が、在庫や設備となり、それが、具体的にどれだけの売上を生み出のすかをストーリーとして描き、過去の実績などを用い、根拠示しながらわかりやすく語ることです。

銀行員は、こうしたお金の流れのストーリーを求めているのです。
彼らは、融資したお金が貸した以上のお金を生み出すプロセスを知りたいのです。

どの銀行と長いおつきあいをしていくべきかは、あなたの会社の規模や将来性、そしてお金の流れのストーリー作り次第です。さあ、レッツトライ!


この記事をシェアする