>

どこがいい?地銀、信金、メガバンク

小さい会社は信金がおすすめ

銀行とひと口に言っても、信用金庫、地方銀行、メガバンクなどがあり、どこにお願いすれば良いのか悩んでしまいます。
それぞれ一長一短あるので、どこが良いなどと断言はできません。

例えば、信用金庫の場合、地域密着型の銀行なので、小さな会社にも頻繁に通い、資金需要にこたえるべく真摯に向き合ってくれます。
ですから、小さな会社の場合は、信用金庫とお付き合いするべきだと思います。

ただし、信用金庫の場合は、一般顧客からの預金が主な資金調達源ですから、金利は高めです。地方銀行よりも、平均して0.5%、メガバンクよりも1%高くなります。

信用金庫は金利は高い反面、小規模な貸し出しに対応してくれるため小さい会社にとっては助かる存在だと思います。

会社の規模や将来絵図で借り先を決めよう

地方銀行も、信用金庫同様に地域密着型です。信用金庫よりも金利が安く、高額の資金需要にも対応してくれますが、その分、融資の基準も高く、簡単に借りられないのが実情です。
地方銀行は、信用保証協会からの信頼が厚いため、保証協会付の融資をひっぱるときには頼りになります。ですから、メガバンクでNGでも、地方銀行で融資を受けれることもあるようです。

メガバンクの場合は、資金が豊富で、金利も安く、大口融資に強い傾向があります。一方、小さなベンチャー企業などには冷たいようです。
一般的には、資金の引き上げが早いと言われています。長くお付き合いできるかどうかは、会社の規模や将来性にも大きく影響してくるようです。
メガバンクは、1億円程度が限界の保証協会付の融資よりも、プロパー融資が強みです。融資額が大きくなるような場合は、メインバンクの1つは、メガバンクにする必要があるかと思います。


この記事をシェアする