資金調達の前に融資の仕組みを理解する

銀行から融資を受ける際は、単にその企業を信じてお金を貸してくれるわけではありません。当然リスクを鑑み、銀行側としては、担保もしくは保証人が必要になります。では、実際に担保にできるものにはどのようなものがあるのでしょうか。また、保証人は誰でも良いのでしょうか。確認していきましょう。

どこがいい?地銀、信金、メガバンク

銀行とひと口に言っても、いくつかの種類に大別できます。また、融資を受ける際は、それぞれの銀行で特色があります。その特色をよく理解した上で、どこから借りるべきか、長いおつきあいができるかを念頭に考えていくべきかと思います。そうした視点でそれぞれの銀行の特徴を確認していきましょう。

借りるためにやるべきこと

銀行から融資を受けるのは景気にも左右されますが、そう簡単ではありません。 融資を受けるには銀行とのおつきあいの仕方や、借り入れの承認を得るためには、交渉のコツがあります。また、日頃から心がけて銀行員の方と円滑なコミュニケーションを行う必要があります。

担保と保証人

どんな経営者も長期間安定した形での資金調達ができる銀行を探すのに苦労しているのではないでしょうか。銀行を探す前に、まずは銀行における融資の仕組みを理解することから始めましょう。

低い金利で預金者を募ってお金を預かり、そのお金を高金利で企業に融資として貸し付けたり、資金として投資運用して利益を稼ぎます。これが基本的な銀行のビジネスモデルです。

融資を受ける立場で考えてみると、融資を受ける際の選択肢は、銀行以外にもノンバンクから借りる手段もあります。しかし借りる際の金利を考えると銀行の方が安いため、銀行から借りれるに越したことはありません。

しかし、銀行から融資を受ける場合は、ノンバンクに比べ、圧倒的に審査が厳しいのが現実です。銀行は徹底的に対象となる企業の経営状態や将来性、十分な担保や保証人がいるかどうかを調査し、その上で融資をどうするかの判断を下します。企業側としては、日頃から銀行員とコミュニケーションをとり、会社のビジネスプランや将来性をアピールしておくことも大事なようです。

銀行の融資といってもいくつかの種類があります。具体的には、信用保証協会という公的機関が保証人となる保証付融資や銀行が独自にリスクを持って行うプロパー融資、不動産を担保に行う不動産担保融資、保証人や担保がいらない代わりに金利が高いビジネスローンなどがあります。

こうした仕組みを理解し、適切なアプローチを取ることが重要です。